害虫と害獣の被害STOP~シロアリもねずみもプロに駆除お任せ~

2つの駆除方法

Person with a mask

シロアリを駆除する際には、2つの方法があります。薬剤をまく方法と、業者へ駆除を依頼するということです。日本には数多くの駆除業者がいますが、探す際には適切な駆除を行なう業者を選びましょう。

Read More

ねずみによる被害

ハチによるトラブルが起きないために、なるべく早くアシナガバチ駆除を行なうことが大切です。年間駆除数が豊富な業者だから信頼できますよ。

毒餌を使ったねずみ退治には十分な注意が必要です。

Person with a mask

ねずみ駆除用の殺鼠剤(ねずみの毒餌)には累積毒剤と急性毒剤があります。累積毒剤は毒性が弱く、何度か繰り返して食べ続けることで毒素が体内に蓄積、死に至らしめるものです。そのため、一定期間は設置し続けなければ効果がありません。「食べてもすぐに死なない」「効き目がない」と勘違いして早々に撤去してしまわないよう注意が必要です。それ以上に気を付けなければならないのが急性毒剤です。毒性がとても強いので即効性はありますが、子供やペットの誤食は生死にかかわる問題です。子供やペットが絶対に届かない場所に設置することはもちろんですが、在庫の置き場所や管理にまで十分過ぎるほどの注意を払う必要があります。簡単に手に入る市販品とはいえ殺鼠剤は毒物です。それをしっかりと認識し、責任を持って取り扱わなければなりません。

知っておきたい駆除後の処理

殺鼠剤でねずみ駆除を行った後にも十分な注意が必要です。毒餌を食べたねずみが人の目の届く場所で死ぬとは限らず、また、すぐに発見できるとも限りません。なかなか死骸が見つからない場合は、ねずみ駆除のプロに調査を依頼するのがベストです。ねずみの体内から毒素が消えないうちに、猫などのペットが食べてしまうといった危険性もあるので、死骸は必ず見つけて適切に処理しなければ安全とは言えません。また、死骸を放置すると悪臭などの原因にもなり、寄生していたダニやノミがねずみの体を離れ人間やペットに被害を与えることも懸念されます。ねずみ駆除はねずみを退治しておしまいではなく、退治したネズミの死骸を確実に処理することが大切なのです。

沖縄から北海道までのダニ退治を出張で来てくれるところがあります。さらに、24時間年中無休となっているので依頼しやすいでしょう。

シロアリの仲間

Person with a mask

シロアリはあアリの仲間ではなく、ゴキブリの仲間なのです。家の土台となる柱などを食べ、住宅へ被害を与えていきます。住宅に大きな被害を与える害虫なので、しかり駆除することで住宅を守ることが出来ます。

Read More

被害の多いシロアリ

Extermination tool

シロアリに関する被害の報告は毎年多く、中でもヤマトシロアリは全国の住宅に被害を及ぼしていると言われています。住宅を食害するシロアリは、駆除だけでなく定期的に対策することが大切です。

Read More