害虫と害獣の被害STOP~シロアリもねずみもプロに駆除お任せ~

被害の多いシロアリ

シロアリの被害の実態について

Extermination tool

日本でも毎年多くのシロアリの被害が出ています。それでは、シロアリの被害の実態についてお話ししていきます。日本では、住宅に被害を及ぼすシロアリとして、次の4種類が知られています。まずは、最も被害件数が多いヤマトシロアリです。ヤマトシロアリは、北海道の内陸部の一部を除き、日本全国で被害を出しています。次に被害件数が多いのが、イエシロアリです。イエシロアリは、温暖な気候を好み、自分たちで水分を運びながら、住宅を食害して行きますから、その被害の大きさはヤマトシロアリ以上になります。そして、アメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリがありますが、アメリカカンザイシロアリは乾いた木材でも食害することができ、ダイコクシロアリは南方系のシロアリです。いずれも被害の件数はそれほど多くありません。

定期的なシロアリ対策を考えましょう

シロアリに住宅を食害されると、その被害は大変大きなものになります。その理由は、シロアリ駆除を行うだけでなく、食害された住宅の補修が必要になるからです。そこで、定期的なシロアリ対策を考えましょう。シロアリ対策は主に、住宅の床下に使われている木材を、殺虫剤により処理することで行います。しかし、使用する殺虫剤は、効果が期待できる期間が限られているのです。特に最近では、暮らしている人々の健康に配慮して、強力な殺虫剤は使えなくなってきたのです。ですから、およそ5年間隔でシロアリ対策をする必要があるのです。また、シロアリ対策は害虫駆除業者が頼りになりますから、インターネットでお近くの害虫駆除業者を探してみると良いでしょう。